上場企業取締役の日経225先物トレード

40代サラリーマンが日経225先物トレードにつき思うことを書き連ねます

いざ勝負

いよいよ22,900円挑戦となりました。よくぞここまで上がってくれた。22,930円の売り指値は同値で入らず残念!しばらく22,900円前後で揉んでいましたが、引けにかけて力なく下落しました。久しぶりの陰線です。ザラバでもう少し売りたかったのですが、サラリーマン兼業の辛さ、いつも画面を見ているわけにはいきません。

明日もう一度22,900円を狙ってくると思います。そこで力尽きて下落トレンド転換、というのが読みです。まあ当たらないと思いますが。システムはとうとう逆張り系システムの売り枚数が順張り系のシステムの買い枚数を上回り、ポジション全体でショートとなりました。

他のトレーダーは強気なのかな、弱気なのかな、さっぱりわかりません。人のポジションを気にしても仕方なのですが、自分の相場観がどのくらい少数側なのか知りたい気持ちもあります。