上場企業取締役の日経225先物トレード

40代サラリーマンが日経225先物トレードにつき思うことを書き連ねます

生き残っていくために

下がダメならば上とばかりに22,600円台へ。違和感はありますが、下に行くエネルギーを貰うために上に行った感覚です。22,700円台は断固売りたいです。持ち合いは煮詰まってきています。

ただ私の相場観は不本意ながら多数意見に近いとなると、ここを踏ませるために買い仕掛けが入った可能性があります。下に行くエネルギーを貰うというのはそういう意味です。システムは買いが増えてきました。相場観とポジションが異なるのも生き残っていくための知恵です。強気だけど売る。弱気だけど買う。これで何度も助けられてきました。今回私が弱気だからこそ上がっているのかもしれません。なかなか下にブレイクしません。

相場観など外れても何の問題もありません。儲かればよいのですから。