上場企業取締役の日経225先物トレード

40代サラリーマンが日経225先物トレードにつき思うことを書き連ねます

どこまで下がるか

相場の予想は個人的にはあまり信じていませんが、目安として書きます。現在の調整は、9/7の22,000円から10/1の24,480円まで暴騰した上昇にたいする調整です。その値幅2,480円。1/3押しならば23,660円なんですが、昨日夜間相場で23,550円までありましたので、ここはブレイクされました。次は1/2押しの23,240円です。本当に強い相場ならば1/3押し程度で止まるのですが、少し不安になってきました。1/2押しで止まらないと事件です。

現状の前提(上昇相場の初期)という前提ですと、1/2押しまでで止まり、そこから同じ値幅(2,480円)の上昇を見る、というもの。たぶん23,240円と23,660円の間で止まると判断していますので、ひょっとしたら23,550円が底かもしれません。ここから2,480円伸びると、私の年内目標値である26,000円にほぼ到達します。

スイングチャートも売り転換していますから、その逆のポジションを作るのはルール違反ですが、数ヶ月単位では買いに分があると思います。数日単位のトレードでしたら、できるだけひきつけて売る。ロスカットポイントは24,040円。