上場企業取締役の日経225先物トレード

40代サラリーマンが日経225先物トレードにつき思うことを書き連ねます

中段保ち合いは逆張り有利

私が「大きなGUで買わされた後嫌な想いをする」というのが正に本日の相場。こういのを「下値試し」と言います。相場は実は臆病で、「二度試す」ことによって安心します。現在の局面は、「下げ途中のリバウンドが終了して本来の下げに戻った」という見方と、「底打ちして上昇局面の押しである」という見方に大別されます。私は後者。繰り返しますが意外高派です。

今日もそこそこ大きな陰線ですが、上げ途中の陰線は押し目買いの急所になります。私は日中相場の大引けで裁量で少し買いました。23,000円は心理的にも抵抗が大きい場所なのですぐには抜けないと思いますが、売り込まれることにより、それが燃料となって上がっていく、というのが原理原則です。

システムは順張りの買いがひっくり返ってほぼ売り買いトントンですが、逆張りシステムが買いになってきました。得意の手変わり(順張りと逆張りが役目を入れ替わりながら収益を上げていくこと)です。

相場を張る人間の必読書である「あなたも株のプロになれる」立花義正著という本があります。私は擦り切れるくらい読みました。何度読んでも発見があるのですが、一番記憶に残っているのが、「素人の特徴はポジションが動かないこと」と喝破しました。それを裁量ではなくて、システムで自動的に行えるように設計したのが現在のシステムです。それを「手変わり」と表現しています。