上場企業取締役の日経225先物トレード

40代サラリーマンが日経225先物トレードにつき思うことを書き連ねます

一旦は値幅は出ました

今日は終値まではカチあげて22,670円。私は寄り付きで売らされて今日は酷いトレード日でした。おまけに終値でショートカバーのサインがでましたので、現在少しのロングで夜間の下げでやられています。月曜日が営業日なら、もっと高いところで売れていたのに・・。まあ被害はそれほど大きくないのがせめてもの救いです。

大きな値幅というのは当然リスクですので、3連休前にショートであったならばルンルンですし、ロングならば夜も寝られないことでしょう。まずは生き延びていくのが絶対条件です。

今日の安値22,260円は、下げのサポートライン上ですので、いったんは値幅としては出たと思います。この辺りでうろうろしてリバウンド、そして再度売られる展開を予想しています。

ここからは政策催促相場です、財政出動と米国の再度の利下げ。

 

<順張りシステム>

★火曜日のシグナル(ミニ3月限)

22,310円で売って引け22,670円で買埋、▲360円。2019年1月累計▲205円。2月累計+510円、3月累計+330円、4月累計▲580円、5月累計▲90円、6月累計+190円、7月累計+410円、8月累計▲1,340円、9月累計+255円、10月累計▲245円、11月累計▲190円、12月累計130円。2019年累計▲825円。

2020年1月累計+300円、2月累計▲515円

★水曜日のシグナル(ミニ3月限)

買い23,510円、売り21,870円。逆指しで売買し、大引け手仕舞いです。

 

逆張りシステム>

現在のポジション:売り玉6単位、買い玉4単位

上の順張りは大きくやられましたが逆張りは得意な流れです

 

【売り】

①24,050円(12/17寄り)

②23,825円(12/19夜間寄り)

③23,850円(12/26夜間寄り)

④23,290円(2/19寄り)

⑤23,395円(2/19夜間寄り)

⑥23,660円(2/20寄り)⇒22,310円(2/25寄り)で買埋、+1,350円

⑦22,635円(2/25夜間寄り)

 

【買い】

①23,255円(11/19夜間寄り)

②23,310円(12/10寄り)

③23,840円(2/7夜間寄り)

④23,790円(2/13夜間寄り)

⑤22,310円(2/25寄り)⇒22,635円(2/25夜間寄り)で売埋、+325円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+3,440円

追撃売り

三角持ち合いを形成中との判断をしていましたが、金曜夜間の引けが23,150円。そして現在CMEは22,665円。返す返すも3連休ということで埋めたショートが痛いですが、まあ仕方ありません。逆の目が出る可能性もありましたので。

明日は大きなGUで始まるかと思いますが、死守ラインである23,000円を簡単に突破し、しかも1月末から短期間で切り替えしたように偽装した位置に逆戻りです。今週は面白いものが見れそうです。死守ラインを二度目の突破ですから、怖いですが追撃売りをしたいところ。私のシステムは寄りでショートの利食い逆張りの買いを出しますが、裁量では売ってみたいです。

 

<順張りシステム>

★金曜日のシグナル(ミニ3月限)

トレード無し。2019年1月累計▲205円。2月累計+510円、3月累計+330円、4月累計▲580円、5月累計▲90円、6月累計+190円、7月累計+410円、8月累計▲1,340円、9月累計+255円、10月累計▲245円、11月累計▲190円、12月累計130円。2019年累計▲825円。

2020年1月累計+300円、2月累計▲155円

★火曜日のシグナル(ミニ3月限)

買い23,610円、売り23,000円。逆指しで売買し、大引け手仕舞いです。

 

逆張りシステム>

現在のポジション:売り玉6単位、買い玉4単位

火曜日寄りは買います。もっと下がると思っても買うところがこの運用の肝です。

 

【売り】

①24,050円(12/17寄り)

②23,825円(12/19夜間寄り)

③23,850円(12/26夜間寄り)

④23,290円(2/19寄り)

⑤23,395円(2/19夜間寄り)

⑥23,660円(2/20寄り)

 

【買い】

①23,255円(11/19夜間寄り)

②23,310円(12/10寄り)

③23,840円(2/7夜間寄り)

④23,790円(2/13夜間寄り)

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+1,765円

閑話休題

今年は暖冬です。今日も暖かくて助かります。寒いの苦手なんで。

先々週に某証券会社のセミナーに参加しましたが、講師の方が、「日本のPBRは1倍、英国が2倍、米国が3倍。日本株はバリエーション低すぎ。成長期待が低いため。」と指摘されていました。また先週の日経新聞では、日本企業は現金比率が高くて株価も下値が固いため、世界的な株価急落を危惧しているので日本株をオーバーウエイトしているという記事も出ていました。

AIで日本の論文数が米国や中国と比較して極端に少ないという事実もあります。日本人は自信を失ってしまったのか。会社の採用にも関わっていますが、学生から公務員の人気が高いと聞いて愕然としました。守りの意識が強いんですね。

世界の中でも日本は驚異的なスピードで高齢化も進んでいます。活力のない国。でもそれでいいんじゃないでしょうか。成長成長でがつがつするよりも、安全と温泉と景観を売りにし穏やかに衰退していく。そんなことをふと思いました。

景気実態を織り込むのでは

夜間引けは23,150円。行って来いです。「今年の指数取引はすっからかんになるので止めたほうが良い」という指摘がどこかのブログにありましたが同感。順張りと逆張りを使い分けて凌ぐしかありません。私は3連休に備えて、ショートは高いところで手仕舞ってしまいました。勿体ないのですが、トレードできないリスクを取るわけにはいきません。

日経225は死守ラインの23,000円に再度近づいてきました。TOPIXの動向を見ても割れるんじゃないかな、と漠然と思っています。

今のトレード目線は、景気実態よりも金融緩和状況を重視する、という意味で大勢的には下がれば買う、でOKでした。世界のマーケットを動かすのは米国金利ですが、景気は中国経済です。日本はどちらにも属していません。日本のことを分析するのは時間の無駄だと思います。

しかしコロナウイルスの発症により、中国経済は相当に厳しい状況に追い込まれています。これまで楽観的に金融緩和のみ見ていたマーケットですが、米国長期金利の急低下をみても、一回は景気実態を織り込んで急落するのではないかと思います。

3連休です

既報のように日経225は三角持ち合いを形成中。順張りが一番やられるパターンで、さきほどの夜間23,140円までの突っ込みで売らされました。昨日は上、さっきは下。裁量で逆ポジションを建てながら凌いでいます。ここまでシステム化できれば完璧なのですが、務め人の分際ではなかなか画面を見ていられません。

値頃だけでいうと、ここは買うところです。

売りたい強気

今日は280円の上ヒゲ。朝から強いなあ、と見ていて重大な会議に突入、終わってみたら!!!でした。今日も買わされました。明日も上がらないかな。売りたい強気です(笑)。

下値を試す展開を予想していましたが、現在3角保ち合いを形成中です。値動きは煮詰まってくるので、逆張りで泳いで放れた方向につく感覚ですね、私は下放れだと思っています。3月9日の週に、650日や80日サイクルが集中する大きな変化日があります。この3角保ち合いをどちらかに放れ、その底(天井)がこの3月に重要変化週ではないかと睨んでいます。

 

<順張りシステム>

★木曜日のシグナル(ミニ3月限)

23,660円で買って引け23,510円で売埋、▲150円。2019年1月累計▲205円。2月累計+510円、3月累計+330円、4月累計▲580円、5月累計▲90円、6月累計+190円、7月累計+410円、8月累計▲1,340円、9月累計+255円、10月累計▲245円、11月累計▲190円、12月累計130円。2019年累計▲825円。

2020年1月累計+300円、2月累計▲155円

★金曜日のシグナル(ミニ3月限)

買い23,880円、売り23,160円。逆指しで売買し、大引け手仕舞いです。

 

逆張りシステム>

現在のポジション:売り玉6単位、買い玉4単位

リバウンドは望むところです。

 

【売り】

①24,050円(12/17寄り)

②23,825円(12/19夜間寄り)

③23,850円(12/26夜間寄り)

④23,290円(2/19寄り)

⑤23,395円(2/19夜間寄り)

⑥23,660円(2/20寄り)

 

【買い】

①23,255円(11/19夜間寄り)

②23,310円(12/10寄り)

③23,840円(2/7夜間寄り)

④23,790円(2/13夜間寄り)

⑤23,700円(2/14寄り)⇒23,660円で売埋、▲40円

 

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+1,765円