ねこちゃん旦那のトレード日記

日々のトレーディングと相場観につき書き連ねます

海外株式動向

米国株は下落加速。特にナスダックの下落率は10%を超え、本格的な下落相場入りです。一方欧州株はほぼ無風。ロシア株の下落は止まりません。香港株は大きく売られた後のリバウンドが継続しています。各国バラバラですね。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて3月限に変更します 

現在のポジション:売り玉0単位、買い玉14単位  

【売り】

①27,800円(1/20夜間寄り)⇒27,340円(1/21寄り)で買埋、+460円

②27,800円(1/20夜間寄り)⇒27,340円(1/21寄り)で買埋、+460円

 売り評価損益0千円


【買い】

①28,685円(12/9夜間寄り)

②28,685円(12/9夜間寄り)

③28,560円(12/10寄り)

④28,560円(12/10寄り)

⑤29,020円(1/6寄り)

⑥29,020円(1/6寄り)

⑦28,530円(1/13夜間寄り)

⑧28,530円(1/13夜間寄り)

⑨28,190円(1/14夜間寄り)

⑩28,190円(1/14夜間寄り)

⑪28,250円(1/18夜間寄り)

⑫28,250円(1/18夜間寄り)

⑬27,340円(1/21寄り)

⑭27,340円(1/21寄り)

買い評価損益▲11,870千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345円 2021年損益▲48,744円

1月累計+3,970円

2022年実現合計+3,970円 評価損益合算▲11,870千円

27,000円は意識されるレベル

さて比較的大きな陽線。昨日「難しい」と書きましたが、最近チャート破りみたいな騙しが多く、なかなかトレーダー泣かせの相場であります。2021年の安値が1月6日の27,015円と8月20日の26,810円ですので、27,000円は意識されるレベルです。本日安値27,185円で一旦はボラティリティは出たのかな、と思います。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて3月限に変更します 

現在のポジション:売り玉2単位、買い玉12単位  

【売り】

①27,800円(1/20夜間寄り)

②27,800円(1/20夜間寄り)

 売り評価損益+20千円


【買い】

①28,685円(12/9夜間寄り)

②28,685円(12/9夜間寄り)

③28,560円(12/10寄り)

④28,560円(12/10寄り)

⑤29,020円(1/6寄り)

⑥29,020円(1/6寄り)

⑦28,530円(1/13夜間寄り)

⑧28,530円(1/13夜間寄り)

⑨28,190円(1/14夜間寄り)

⑩28,190円(1/14夜間寄り)

⑪28,250円(1/18夜間寄り)

⑫28,250円(1/18夜間寄り)

⑬27,475円(1/19夜間寄り)⇒27,800円(1/20夜間寄り)で売埋、+325円

⑭27,475円(1/19夜間寄り)⇒27,800円(1/20夜間寄り)で売埋、+325円

買い評価損益▲8,990千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345円 2021年損益▲48,744円

1月累計+3,050円

2022年実現合計+3,050円 評価損益合算▲8,970千円

下に切れました

大きな三角持ち合いでしたが、下に切れました。センチメント弱気でしたので上に行けば面白いかとは思っていましたが、あっけなく下放れです。ここからの展開は難しく、じゃ売って取れるかというと本日のブレイクが騙しである可能性もあり、私はポジションを少しロングに傾けています。大きな下げの後はリバウンドが入りやすいためです。戻ってから強気にならずに売ることが賢明かと思いました。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて3月限に変更します 

現在のポジション:売り玉0単位、買い玉14単位  

【売り】

①23,020円(12/17寄り)⇒27,475円(1/19夜間寄り)で買埋、▲4,455円

②28,735円(10/29寄り)⇒27,475円(1/19夜間寄り)で買埋、+1260円

 売り評価損益0千円


【買い】

①28,685円(12/9夜間寄り)

②28,685円(12/9夜間寄り)

③28,560円(12/10寄り)

④28,560円(12/10寄り)

⑤29,020円(1/6寄り)

⑥29,020円(1/6寄り)

⑦28,530円(1/13夜間寄り)

⑧28,530円(1/13夜間寄り)

⑨28,190円(1/14夜間寄り)

⑩28,190円(1/14夜間寄り)

⑪28,250円(1/18夜間寄り)

⑫28,250円(1/18夜間寄り)

⑬27,475円(1/19夜間寄り)

⑭27,475円(1/19夜間寄り)

買い評価損益▲12,210千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345円 2021年損益▲48,744円

1月累計+2,400円

2022年実現合計+2,400円 評価損益合算▲12,210千円

ぎりぎり耐える

今日もトリッキーな動き。高値28,730円から28,100円まで急落。上を追うと予想をしていましたがザラバの行って来いが一番困ります。夜間も28,000円の攻防です。チャートはぎりぎり耐えています。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて3月限に変更します 

現在のポジション:売り玉2位、買い玉12単位  

【売り】

①23,020円(12/17寄り)

②28,735円(10/29寄り)

③28,735円(10/29寄り))⇒28,250円(1/18夜間寄り)で買埋、+485円

④29,310円(11/11夜間寄り)⇒28,250円(1/18夜間寄り)で買埋、+1060円

 売り評価損益▲4,745千円


【買い】

①28,685円(12/9夜間寄り)

②28,685円(12/9夜間寄り)

③28,560円(12/10寄り)

④28,560円(12/10寄り)

⑤29,020円(1/6寄り)

⑥29,020円(1/6寄り)

⑦28,530円(1/13夜間寄り)

⑧28,530円(1/13夜間寄り)

⑨28,190円(1/14夜間寄り)

⑩28,190円(1/14夜間寄り)

⑪28,250円(1/18夜間寄り)

⑫28,250円(1/18夜間寄り)

買い評価損益▲3,470千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345円 2021年損益▲48,744円

1月累計+5,595円

2022年実現合計+5,595円 評価損益合算▲8,215千円

先週は重要日柄到来

小動きですね、エネルギー蓄積されてきています。チャートから考えれば上ですが、素直に乗るかどうか。私は日柄は詳しくないのですが、先週重要日柄が到来したらしく(2020年3月19日安値から2021年2月16日高値までの期間をそこから同期間とった場合、2022年1月12日が該当するそうです)、下げ終了で高値を目指す、というもの。エリオット第3波です。

マーケットは現在弱気です。マザーズも下落中。だから買うべき、ということですかね。

今週の予想

225は大きな三角持ち合いの抵抗線を試した後、夜間市場で反発しています。100円程度の陽線が立ったので、リバウンドに入ったというのが第一感です。頑強な抵抗線は現在29,000円台前半を走っています。時間の経過とともにこのラインは下がっていきますので、たぶん今回のリバウンドは29,000円前後で頭打ちし、上に抜けるかどうか試す、という展開ではないかと思います。

個人投資家に影響が大きいマザーズ指数が下落中であり、昨年年末からの上げ歓迎ムードはオミクロンの猛威とともにほとんど消失しています。ただセンチメント逆張りが基本ですので、弱気台頭の中、意外高をシナリオには入れておきたいです。そこで上抜けして逆に強気筋が騒ぎ立てれば、逆に売らなければならないでしょう。2022年の大勢感は戻り売りです。

海外株式動向

今週の海外株式はまちまち。ドイツ・英国など欧州系はほぼ新高値。ロシア株は下落止まらず。香港はリバウンド、上海は下落。注目の米国株はナスダック指数の動きが悪いですね。この1年間ほど海外株式動向をチェックしていますが、こんなにバラバラであるのは初めてです。株式から資金が逃避しているかもしれないです。