ねこちゃん旦那のトレード日記

日々のトレーディングと相場観につき書き連ねます

今週の予想

225は、8月20日夜間ザラバ安値26,650円と10月6日夜間ザラバ安値26,980円を結ぶサポートラインできちんと止められました。現在27,000円台後半で揉んでいます。

225は弱いのですが、TOPIXはスイングチャートも買い転換しています。実体を示すのはTOPIXですので、225の下がったところは買い向かうのが良いと考えています。また変化予想日は6日夜間と9日夜間です。その意味では今週は重要週と判断しています。

現状強気判断ですが、私のカウントする新安値は6本しかありません。普通これだけの急落ですと10本程度は出現します。再度の新安値(11月30日の安値27,375円割れ)は付いていかなければならないかと思います。

海外株式の動向

やはり注目は米国株ですが、「ありふれた調整」であり、再度上昇トレンドに復活するようにも見えます。しかし2020年3月を底に上昇してきた大きな流れは、金利上昇とともに変化していくのではないでしょうか。

あと上海株は基調が強いです。理由はわかりません。

米国株は歴史的天井か

さて変化予想日にて、225の現物がスイングチャート買い転換しました。先物はまだです。

チャートの形は底打ちですが、世界の金融市場を動かす米国が、インフレ抑制に舵を切りました。戻りはあるものの限定的で、いよいよ米国株が歴史的天井を打ったのではないかと睨んでいます。

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を200円下げて12月限に変更します 

現在のポジション:売り玉10単位、買い玉4単位  

【売り】

①23,070円(12/17寄り)

②28,785円(10/29寄り)

③28,785円(10/29寄り)

④29,360円(11/11夜間寄り)

⑤27,810円(12/1寄り)

⑥27,810円(12/1寄り)

⑦27,750円(12/2夜間寄り)

⑧27,750円(12/2夜間寄り)

⑨27,870円(12/3寄り)

⑩28,055円(12/3夜間寄り)

 売り評価損益▲3,655千円

 

【買い】

①29,710円(9/7夜間寄り)

②30,100円(9/13寄り)

③30,230円(9/16夜間寄り)

④30,230円(9/16夜間寄り)

⑤29,620円(9/21寄り)⇒28,055円(12/3夜間寄り)で売埋、▲1,565円

⑥29,630円(11/22寄り)⇒27,870円(12/3寄り)で売埋、▲1,760円

買い評価損益▲7,990千円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計

2021年実現合計▲46,200円 評価損益合算▲11,645千円

明日は変化予想日

本日仕事で遅くなりましたので逆張りシステムのみ更新です。明日は変化予想日。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を200円下げて12月限に変更します 

現在のポジション:売り玉8単位、買い玉6単位  

【売り】

①23,070円(12/17寄り)

②28,785円(10/29寄り)

③28,785円(10/29寄り)

④29,360円(11/11夜間寄り)

⑤27,810円(12/1寄り)

⑥27,810円(12/1寄り)

⑦28,125円(12/1夜間寄り)⇒27,600円(12/2寄り)で買埋、+525円

⑧28,125円(12/1夜間寄り)⇒27,600円(12/2寄り)で買埋、+525円

⑦27,750円(12/2夜間寄り)

⑧27,750円(12/2夜間寄り)

 売り評価損益▲920千円

 

【買い】

①29,710円(9/7夜間寄り)

②30,100円(9/13寄り)

③30,230円(9/16夜間寄り)

④30,230円(9/16夜間寄り)

⑤29,620円(9/21寄り)

⑥29,630円(11/22寄り)

⑦27,600円(12/2寄り)⇒27,750円(12/2夜間寄り)で売埋、+150円

⑧27,600円(12/2寄り)⇒27,750円(12/2夜間寄り)で売埋、+150円

買い評価損益▲12,990千円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+13,250円

2021年実現合計▲42,875円 評価損益合算▲13,910千円

TOPIXスイングチャート買い転換

TOPIXのスイングチャートが買い転換しました。思ったより早いです。日柄のカウントからはまだ下げ相場続行中です。どちらかが間違っているのでしょう。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を200円下げて12月限に変更します 

現在のポジション:売り玉8単位、買い玉6単位  

【売り】

①23,070円(12/17寄り)

②28,785円(10/29寄り)

③28,785円(10/29寄り)

④29,360円(11/11夜間寄り)

⑤27,810円(12/1寄り)

⑥27,810円(12/1寄り)

⑦28,125円(12/1夜間寄り)

⑧28,125円(12/1夜間寄り)

 売り評価損益▲2,720千円

 

【買い】

①29,710円(9/7夜間寄り)

②30,100円(9/13寄り)

③30,230円(9/16夜間寄り)

④30,230円(9/16夜間寄り)

⑤29,620円(9/21寄り)

⑥29,630円(11/22寄り)

⑦29,630円(11/22寄り)⇒28,125円(12/1夜間寄り)で売埋、▲1,505円

⑧28,560円(11/26夜間寄り)⇒28,125円(12/1夜間寄り)で売埋、▲435円

⑨27,605円(11/30夜間寄り)⇒27,810円(12/1寄り)で売埋、+205円

⑩27,605円(11/30夜間寄り)⇒27,810円(12/1寄り)で売埋、+205円

買い評価損益▲10,440千円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+11,900円

2021年実現合計▲44,225円 評価損益合算▲13,160千円

一旦は止まるか

今日はひどいですね。1000円以上の大陰線は2007年以降5回しかありません。

①2013年5月23日 終値14,585円⇒6月13日12,440円まで2,000円急落

②2016年6月24日 終値14,960円⇒この日が安値でその後上昇

③2016年11月9日 終値16,250円⇒この日が安値でその後上昇

④2020年3月12日 終値16,865円⇒3月16日に16,295円の安値、その後急騰

さすがに1,000円以上の大陰線は投げが出た感じです。一旦は買い戻しでしょう。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を200円下げて12月限に変更します 

現在のポジション:売り玉4単位、買い玉10単位  

【売り】

①23,070円(12/17寄り)

②28,785円(10/29寄り)

③28,785円(10/29寄り)

④29,360円(11/11夜間寄り)

⑤28,600円(11/30寄り)⇒27,605円(11/30夜間寄り)で買埋、+995円

⑥28,600円(11/30寄り)⇒27,605円(11/30夜間寄り)で買埋、+995円

 売り評価損益+120千円

 

【買い】

①29,710円(9/7夜間寄り)

②30,100円(9/13寄り)

③30,230円(9/16夜間寄り)

④30,230円(9/16夜間寄り)

⑤29,620円(9/21寄り)

⑥29,630円(11/22寄り)

⑦29,630円(11/22寄り)

⑧28,560円(11/26夜間寄り)

⑨28,560円(11/26夜間寄り)⇒28,600円(11/30寄り)で売埋、+40円

⑩28,320円(11/29寄り)⇒28,600円(11/30寄り)で売埋、+280円

⑨27,605円(11/30夜間寄り)

⑩27,605円(11/30夜間寄り)

買い評価損益▲18,220千円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+13,430円

2021年実現合計▲42,695円 評価損益合算▲18,100千円

撒いたものは刈り取らされる

今日は寄ってから買い上がりましたが勢い続かず。大きな上ひげ出しての引けとなりました。こうやって因果を作って下がっていくわけですね。

よく勘違いされるんですけど、下げ相場って新規のショートが入って下がるのではなく、ロングが耐えきれなくなって投げていって下がるわけです。逆に新規のショートが入る時って下げの終盤で、それが今度は踏み上げられて上昇に転じる、という仕組みです。

新約聖書に「撒いたものは刈り取らされる」という意味のフレーズがありますが、仏教でいうと因果応報ですかね、相場の仕組みそのものではないかと思います。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を200円下げて12月限に変更します 

現在のポジション:売り玉4単位、買い玉10単位  

【売り】

①23,070円(12/17寄り)

②28,785円(10/29寄り)

③28,785円(10/29寄り)

④29,360円(11/11夜間寄り)

⑤29,360円(11/11夜間寄り)⇒28,320円(11/29寄り)で買埋、+1,040円

 売り評価損益▲2,920千円

 

【買い】

①29,710円(9/7夜間寄り)

②30,100円(9/13寄り)

③30,230円(9/16夜間寄り)

④30,230円(9/16夜間寄り)

⑤29,620円(9/21寄り)

⑥29,630円(11/22寄り)

⑦29,630円(11/22寄り)

⑧28,560円(11/26夜間寄り)

⑨28,560円(11/26夜間寄り)

⑩28,320円(11/29寄り)

買い評価損益▲12,290千円

 

10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+11,120円

2021年実現合計▲45,005円 評価損益合算▲15,210千円