ねこちゃん旦那のトレード日記

日々のトレーディングと相場観につき書き連ねます

スイングチャート売り転換

勢いが無くなってきました。日経新聞によると個人は大幅売り越しのようです。次の急落サイクルが待っていますから29,000円台は1年待てば売れば利益になる水準と思いますが、短期的にはどこまで突っ張れるか、が勝負です。

8月上旬はくたばったかと思ってからミニSQ境に急反発してきました。私はいったんポジションは中立にして、どちらにでも動けるようにしています。

ベアマーケットラリー

本日29,000円台乗せ。ほとんど押さないで持ち上げていきます。1990年、2008年と言えば暴落の年ですが以前にも記述したように急騰する局面がありましたので再掲します。

1990年:前年比48.7%下落。但し10月に25.4%の上昇を見せる

2008年:前年比42.1%下落。但し4月に11.8%の上昇を見せる

今回の上昇は7月12日の26,278円を起点とすると本日高値が29,222円ですので11.2%の上昇。ほぼ2008年のリバウンドは達成しています。25.4%の上昇は32,952円。これは別ステージです。たぶん9月限の先物売り建玉残高を狙ってきているのでしょう。

今日の足はもみ合いを陽線で抜けてきたので、まだ相場は残っていると思います。私はついにロング(少量ですが)になりました。丸坊主の大陽線が出るまで辛抱。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて9月限に変更します 

現在のポジション:売り玉10単位、買い玉0単位  

【売り】

①26,070円(6/21寄り)

②26,720円(7/14夜間寄り)

③26,900円(7/19寄り)

④27,390円(7/20寄り)

⑤27,770円(7/27夜間寄り)

⑥27,970円(8/4寄り)

⑦28,120円(8/12寄り)

⑧28,570円(8/12夜間寄り)

⑨28,700円(8/15寄り)

⑩29,185円(8/17夜間寄り)

 売り評価損益▲14,455千円


【買い】

買い評価損益+0千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890千円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365千円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345千円 2021年損益▲48,744千円

1月累計+5,250円

2月累計+5,870円

3月累計+17,435円

4月累計+1,765円

5月累計+1,875円

6月累計+3,580円

7月累計+4,085円

8月累計+1,125円

2022年実現合計+40,270千円 評価損益合算▲14,455千円

建玉を修正

2日間ほど謹慎していました。相場観が曲がるのは構わないのですが、今回は自分のトレードで建玉管理が甘く、不用意な損失が発生してしまい反省の時間を設けました。よく言われるように「熟睡できるまで建玉を減らす」というやつです。

相場観という意味では弱気であったのに上に抜けたわけですが、今回の勘違いはどうも弱気が多数側であったようで、「大口ヘッジファンドの買いVS個人投資家の売り」みたいなYOUTUBEのタイトルを見て凹んでいたいた次第です。そういえば今日もそうですが日経新聞の株式市況欄のコメントが弱気です。これは注意しないといけないんですね。いつもならば逆張りするのですが・・。

建玉は今回オーバートレードで、土日の夜半に目が覚めたりしたわけで、月火でポジション調整を行いました。

ただ私は今でも若干のショートです。もちろんプライスアクションに応じてショートは切っていくわけですが、TOPIXのどん詰まりのチャートや、12日~16日に集中する変化日を注視しています。下記の逆張りシステムもポジションが偏ってきています。これも重要な情報です。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて9月限に変更します 

現在のポジション:売り玉9単位、買い玉0単位  

【売り】

①26,070円(6/21寄り)

②26,720円(7/14夜間寄り)

③26,900円(7/19寄り)

④27,390円(7/20寄り)

⑤27,770円(7/27夜間寄り)

⑥27,970円(8/4寄り)

⑦28,120円(8/12寄り)

⑧28,570円(8/12夜間寄り)

⑨28,700円(8/15寄り)

 売り評価損益▲11,440千円


【買い】

買い評価損益+0千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890千円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365千円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345千円 2021年損益▲48,744千円

1月累計+5,250円

2月累計+5,870円

3月累計+17,435円

4月累計+1,765円

5月累計+1,875円

6月累計+3,580円

7月累計+4,085円

8月累計+1,125円

2022年実現合計+40,270千円 評価損益合算▲11,440千円

海外株式動向

米国株が前回のトップを抜けました。日本株の急騰と関連していると思います。サイクル上は8月のこのタイミングはボトムをつける時間帯と判断していましたが、別の要素が働いているようです。但し大きな外郭のレジスタンスラインに到達していますのでここからは重いと思っています。

いやいや

大陽線で抜けてきました。TOPIXも文句なしの新値です。ここは弱気を宗旨替えしなければなりませんが、高値圏での大陽線、変化日前後であること、3月30日終値27,995円(6月限)、6月9日終値28,230円、本日終値28,540円がほぼ一直線に並び、しかもその間隔が45営業日前後という均衡を見せつけられると、やはりここが戻り高値ではないかと考えざるをえません。

 

逆張りシステム(両建て)>

限月交代により、建玉の価格を50円下げて9月限に変更します 

現在のポジション:売り玉8単位、買い玉0単位  

【売り】

①26,070円(6/21寄り)

②26,720円(7/14夜間寄り)

③26,900円(7/19寄り)

④27,390円(7/20寄り)

⑤27,770円(7/27夜間寄り)

⑥27,970円(8/4寄り)

⑦28,120円(8/12寄り)

⑧27,570円(8/12夜間寄り)

 売り評価損益▲8,810千円


【買い】

①27,940円(8/9夜間寄り)⇒28,120円(8/12寄り)で売埋、+180円

買い評価損益+0千円


10月累計+850円

11月累計+1,810円

12月累計▲4,550円 2019年損益▲1,890千円

1月累計+3,920円

2月累計+7,350円

3月累計+5,015円

4月累計+7,145円 

5月累計▲650円

6月累計+4,605円

7月累計+1,700円

8月累計+2,125円

9月累計+1,820円

10月累計+1,590円

11月累計+2,995円

12月累計+640円 2020年損益+37,365千円

1月累計+6,555円

2月累計+2,775円

3月累計+4,070円

4月累計+810円

5月累計+5,376円

6月累計+1,270円

7月累計▲230円

8月累計▲3,860円

9月累計▲10,620円

10月累計▲61,470円

11月累計+9,925円

12月累計▲3,345千円 2021年損益▲48,744千円

1月累計+5,250円

2月累計+5,870円

3月累計+17,435円

4月累計+1,765円

5月累計+1,875円

6月累計+3,580円

7月累計+4,085円

8月累計+1,125円

2022年実現合計+40,270千円 評価損益合算▲8,810千円